漫画のお試し本読みと購入した本のカバーのこだわり

よくお試し、というかたちでおかれている漫画の一部分を抜粋した本があり、それを読むのを趣味にしています。
もともと漫画が好きで、いつもタイトルや絵の綺麗さで選んでいましたが、あるときからお試し本を読んでから購入するようになりました。
時に外れることもありますが(私の好みでないもの)、大半は絵がきれい、物語がしっかりしたものが多く、気づけば何冊も手にしてしまいます。
最近では、電子書籍が流通しているためか。お試し本が少なく感じますが、やはり漫画は紙で私は変なこだわりがあり、紙のカバーでないと落ち着かず、古本屋さん、透明なカバーを配布する店舗では購入しないようにしています。
もし購入してしまったときは、以前古本屋さんに売ったときはがした紙カバーをリサイクルして使用しています。
なぜ紙でなければならないのか、といわれると私もわかりませんが、落ち着かないのです。
また紙カバーだとなぜか綺麗な状態のままでいてくれるので、5年前に購入した本たちも古本屋さんではそこそこのお値段で買い取ってもらえていました。人妻と出会いたい